対策方法が分からないなら鳩除けのプロに任せよう

危険が伴う害虫駆除

ハチ

駆除が難しい壁の中

ハチは様々な場所に巣をつくります。種類によっては土中に巣をつくるので、知らずに踏みつけて足元から攻撃を受けることもあります。特にスズメバチは攻撃性や毒性が強いので刺されたら危険です。巣もほかのハチに比べて大型で時には1m以上になることもあります。このように大きくなったら退治は難しくなります。ハチの数も膨大なので時間もかかり薬液も大量に必要です。そして何より危険度もアップします。このような場合はハチ退治の専門業者に依頼することが一番です。壁の中や、天井裏、床下など駆除作業が難しい場合も業者に退治を依頼したほうがいいでしょう。特に壁の隙間から入り混んだ場合は壁を壊してハチ退治をする必要も出てきます。

同じ場所に巣をつくる

天井裏や床下など暗い場所に巣をつくった場合、素人がそこに入り込むのは危険です。ハチは懐中電灯などを向けられると驚いて一斉に攻撃を仕掛けることもあるからです。狭い場所で逃げ場がなく体のあちこちを刺されてしまうこともあります。この場合は刺されないように重装備をして入ることが大切です。このような動きにくい場所での駆除も出来るなら業者に頼んだほうが安全です。ハチの巣は危険なだけでなく排泄物によって住宅を汚すこともあります。家だけでなく巣の近くの洗濯物などが糞で汚れることもあるのです。ハチは気に入った場所に巣をつくるので退治してもすぐ同じ場所に巣ができることもあります。駆除したらハチが嫌がる木酢液などを散布しておくことも大事です。