対策方法が分からないなら鳩除けのプロに任せよう

住宅を衛星を守る

鼠

住みつかれると危険

ねずみは、侵入できるスペースと食料があれば、住宅などの建物に住みつきます。また、ねずみは感染症などを持ちこむ可能性があり、建物に住みつかれると衛生上良くありません。場合によっては、そこに住む人や利用する人に健康被害が出る可能性があります。そのため、もし住みつかれたら駆除をするべきです。しかし、ねずみは建物に住みついても、人の目につくような場所では活動しません。ですので、知識がない素人がねずみ駆除をするのは難しい事です。もしねずみが住みついた時は、ねずみ駆除を行ってくれる専門の業者に依頼するのが良いです。ねずみ駆除の業者に駆除を依頼した時は、駆除してもらうだけでなく、住みつかれる原因となった侵入口を見つけて塞いでもらう事もできます。

予防策を教えてもらう

ねずみが建物に住みついた時は、まずねずみ駆除を行ってくれる業者に駆除の依頼をする事が先決です。その上で侵入口はどこにあるのか探してもらいましょう。そして、その侵入口が原因でまたねずみが住みつかないように対策すると良いです。ねずみが住みつく原因としては侵入口があるだけでなく、近くに食料を確保できる環境がある事が多いです。管理が徹底されていないゴミ捨て場などがそれに当たります。もしそのような状況ができていれば、それを改善する対策をしていくべきです。その他にも、ねずみが住みつきやすい条件はあるので業者に駆除に来てもらった時に、相談してアドバイスを貰うと良いです。指摘された事はできる限り改善するようにすればねずみが再度住みつく可能性を減らせます。